メイン | 必ずしも大手や個別指導がいいのか? »

浪人生の為の予備校


大学を目指して、浪人して勉強されている方も多いかと思います。
そんな浪人生が抱えてしまう不安は、やはり学校などのサポートを受ける事ができない、自分一人で大学の勉強をしなければならないと言う不安があるのではないでしょうか?
だからこそ、浪人生と呼ばれるゆえんですね。

しかし、大学受験に再度チャレンジするからといって、必ず予備校に行かなければならないという事はありません。
しかしながら、受験生にとってみれば、予備校と言うものは頼もしい存在でもあります。受験生が抱えてしまっている予備校に関する疑問を挙げてみましょう。

まず、大手が良いのかといいますと、必ずしもそうではないという事が言えるでしょう。
大手予備校の強みとしては二つを挙げる事ができます。
一つは、たくさんの生徒が在籍しているという事ですから、模擬試験によって自分の学力レベルを推し量ることができると言う点です。
一万人の模擬試験受験生もいれば、全国レベルでの学力を測ることもできるでしょう。
こうした事は、小さい塾では不可能なことだったりします。

ですが、こうした大手というのは同時に弱点でもあったりします。
大手の予備校では、全ての教室を同じシステムにて指導していかなければなりません。
そういう事もあって、生徒個人個人のやりやすいようにやる事を聞いていく事はできないでしょう。
こうした事を考えると、小規模の塾は生徒一人一人と話し合うという点では有利なのです。

About

2011年01月25日 15:32に投稿されたエントリーのページです。

次の投稿は「必ずしも大手や個別指導がいいのか?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。