メイン

001予備校にいこう アーカイブ

2011年01月25日

浪人生の為の予備校


大学を目指して、浪人して勉強されている方も多いかと思います。
そんな浪人生が抱えてしまう不安は、やはり学校などのサポートを受ける事ができない、自分一人で大学の勉強をしなければならないと言う不安があるのではないでしょうか?
だからこそ、浪人生と呼ばれるゆえんですね。

しかし、大学受験に再度チャレンジするからといって、必ず予備校に行かなければならないという事はありません。
しかしながら、受験生にとってみれば、予備校と言うものは頼もしい存在でもあります。受験生が抱えてしまっている予備校に関する疑問を挙げてみましょう。

まず、大手が良いのかといいますと、必ずしもそうではないという事が言えるでしょう。
大手予備校の強みとしては二つを挙げる事ができます。
一つは、たくさんの生徒が在籍しているという事ですから、模擬試験によって自分の学力レベルを推し量ることができると言う点です。
一万人の模擬試験受験生もいれば、全国レベルでの学力を測ることもできるでしょう。
こうした事は、小さい塾では不可能なことだったりします。

ですが、こうした大手というのは同時に弱点でもあったりします。
大手の予備校では、全ての教室を同じシステムにて指導していかなければなりません。
そういう事もあって、生徒個人個人のやりやすいようにやる事を聞いていく事はできないでしょう。
こうした事を考えると、小規模の塾は生徒一人一人と話し合うという点では有利なのです。

必ずしも大手や個別指導がいいのか?

浪人生の予備校選びで、大手や個別指導を優先的に選ぶ方も多いのですが、それは必ずしも正しい事なのでしょうか?
確かに大手予備校では、受験に対しての様々な対策を行ってくれるため、受験に対しては強いのですが、推薦入試、AO入試などでは、受験生一人ひとりの経験をまとめていかなければなりません。

こうした点では、生徒個人個人と話し合う必要が出てくるのです。
入試時期、そして入試方法も異なる生徒を指導していくためには、大規模な教室を運営している予備校や塾の動きでは鈍いと言えるでしょう。
最近では、フットワークが良い指導システムを導入している大手予備校もあります。
そうした所を探しても良いでしょう。

また、最近では個別指導の予備校も増えてきており、こうした所ではその指導が効果的であると言われています。
その理由は、高校の勉強というものは、中学のものよりもずっと難しくなってきていますから、中学生よりも学力差が開いてきます。
そのため、個別指導によって、自分のレベルと合わせて指導をしてくれるという強みがあるのです。
授業が難しいと言う事、簡単過ぎると言うわがままが通用します。

また、国公立大学や、私立、文系、そして理系など、個人の志望校によって受験科目もバラバラでしょう。
個別指導としては、オーダーメードともとる事ができます。
必要な科目だけを指導してくれるシステムとなっており、大いに利用をしていく事ができるでしょう。
こうした点では個別指導と言うものは有利なのです。

個別指導の予備校の利点とは?

個別指導の予備校も支持されてきているので、実に様々な予備校が増えてきています。
自分のやり方が通用するという点では、多くの生徒を抱える大人数予備校よりよいなど、これは浪人生、受験生の好みによります。
オーダーメードで必要な科目だけを指導してくれるシステムなど、利点はあります。

推薦入試やAO入試などで書いたり、話したりする志望理由などと、個人個人における経験や興味など、これは個別指導でもなければ不可能なものとなっています。
推薦や、AO入試対策をしていく事もできるのが個別指導になります。
また、個別指導であるならば、個々の事情に応じて、学習スケジュールを柔軟に決める事ができるようになっています。
特に高校生などですと、プライベート、学校事情などで集合授業を受けられない事も多くあります。
自分の都合で授業時間を決められると言うのは、個別指導の強みですね。

そして個別指導には、指導者を選びやすいと言う利点もあります。
学習指導では、指導する側と指導される側の間には大きな差が出て来てしまいます。
相性のいい先生と、相性の悪い先生というのは確かにいるものです。
やはりこれは個性を持った人間同士の関係ですから当然です。
集合授業であっては、講師の先生を変更するのは難しいものでしょう。

そこで、多くの個別指導教室では、生徒と指導者との相性を尊重し、講師の方の変更制度を導入しているのです。
ただし、個別指導の場合では、他の生徒と自分の学力の差を肌で感じる事は難しい場合もありますので、模試などで積極的に他の生徒と触れ合うようにすると良いでしょう。

予備校の衛星授業は良いのか?


大手の予備校などでは積極的に衛星授業を取り入れている場合があります。
この衛星授業では、講座数の多さや、質の高さ、そして時間帯の選びやすさなど、そのメリットは数多くあります。
また、予備校などでも話題の教え方の上手な講師の方の授業を録画して、それをコピーする事によって、色々な種類の授業を揃える事もできますし、好きな時間に授業を視聴することができます。
これは、個人の視聴ブースを利用して、個人の都合に合わせ、授業を受ける事ができるシステムとなっています。

しかしながら、映像授業の場合、画面をみているだけでは、緊張感が持続しないというものもあるかもしれません。
また、先生も生徒の顔を見ながら授業をするわけではありませんので、そこに無駄が生じてしまう場合があるでしょう。
しかし、生の授業の場合、生徒が分からなそうな事があれば、講師の方はその場で詳しく説明してくれるでしょうから、自分はどちらのタイプが適しているのか考えてみましょう。

したがって、衛星授業を受ける場合は、自分自身が一方的に話が進む映像授業を、集中して受ける事ができるのか、また、ついていけるのかどうかをよく考えてみましょう。
また、映像で授業を行っている予備校や塾では、映像でまかなえない部分をどうフォローしてくれるのかで、良い予備校かそうでないかがはっきりと分かります。

そして、きちんとした進路指導をしてくれるのかどうかという点も、予備校の大切な要素になってきます。のでよく吟味すると良いでしょう。

進路指導や勉強法を教えてくれる予備校

浪人生であっても、進路指導や勉強法を教えて欲しいという学生も多いでしょう。
そんなニーズに応えて、進路指導をする予備校と言うものも増えてきています。
もし、進路指導の担当者がおらず、定期的に面談や相談をしてくれない予備校や塾は少し不親切かもしれませんね。

進路を選ぶ際のポイントとして、大学時代を充実して過ごしていくためには、自分が興味のある学部に進む必要があると言えるでしょう。
興味がある学部に入る事によって、進んで学問に取り組んで行く事ができるようになるでしょうし、同じ興味を持つクラスメートとも親しくなる事ができます。
そして、自然とその分野においては、他には負けないような能力を身につける事もできるでしょう。
こうした事からも、大学卒業後も視野に入れて、自分の興味と合う大学の学部はどこであるのかという事を意識する必要があります。

このようなことから、ビジョンがないままに予備校や塾に入って、いきなり授業を受けたとしても効果は薄いかもしれません。
授業を受けるよりも前に、どのように準備をして、授業後にはどのように定着を図るのかといったように、予習や復習のしかたを理解して、それを実践する必要があります。
一人で机に向かうときはどのような事をすれば良いのかなど、効果的な勉強法自体も習得する必要があると言えます。
予備校に通うと決めたら、改めて自分の将来設計も含めてよく考え、実りある予備校生活を送るようにしましょう。

1クラスが15人以下の予備校

1クラスが15人以下で構成されているような予備校は、少人数クラスと呼ばれています。
こうした少人数で構成されている予備校でしたら、講師に質問しやすいものとなっており、適度な緊張感も保つ事ができるでしょう。

第一ゼミナールは、難関大学にも強い予備校であるとされており、フォローが充実しているものとなっています。
少人数の指導コースを導入してくれており、その特性を生かし、生徒と講師の関係を大切にしてくれています。
生徒の細かな変化に気を配ってくれ、生徒が何を必要としているのかと言う事を的確につかんで即座に対応してくれるでしょう。

BB塾は1クラスは確かに15人以下の予備校です。
オンライン上でいつでも好きな時に学習をする事ができるようになっています。
教えているのは大手の予備校出身の有名講師となっており、充実した授業をしていく事ができるでしょう。

横浜ゼミナールは、一般入試に加え、推薦・AO入試の対策も共に充実した指導を展開してくれています。
それぞれの学校における定期試験対策は無料となっており、受験生の多様な要求に応えてくれるようになっています。

レクサス教育センターは、塾でも予備校でも無く、総合教育プランナーであろうとしています。
超少人数制を導入してくれており、難関大学の突破を目指してくれるでしょう。
GAX個別指導予備校は、個別指導の有効性を分析、テキストや実際の授業に役立てている予備校です。
予備校との相性を試すために、仮入塾制度を用いてくれています。

個別指導を重視する予備校


浪人生の中には様々な悩みを抱えている事から、個別指導を重視している人も少なくありません。
個別指導では、自分専用のカリキュラムを組んでもらう事ができますから、分からないところを納得するまで質問していく事ができるでしょう。

早稲田ゼミナールは有名予備校の一つで、個別指導をしてくれている事から、手厚いフォロー、そしてオールライブ授業を行ってくれており、第一志望への入学を目指します。
ファロス個別指導学院は、成績向上をより確実にしてくれるため、独自の3ステップ学習をしてくれています。
講師の想い、そして指導の構えを重視した、独自の学習支援ツールを持ち、生徒達をサポートしてくれるようになっています。

中央高等学院は、私大の文理系から、国立大学の医歯薬系にまできめ細かな対応を行ってくれています。
進路指導を手厚くしてくれる予備校としても知られています。

東京学院も名の知れた予備校として知られています。
授業は1クラスが、5名から15名ほどの超少人数制となっています。
1人1人のレベルに合わせてくれるようになっており、納得がいくまで勉強していく事ができるでしょう。

医学部受験のクレストは医学部の受験を専門としています。
完全なマンツーマンにおける個別指導を行ってくれるようになっており、家庭教師の派遣や、個別指導教室を実現してくれています。

サイエンスアカデミーは、薬学部専門予備校となっており、国公立大学から私大薬学部に至るまで対応してくれるようになっています。
レベル別のクラス構成を行ってくれており、確実なサポートを行ってくれています。

About 001予備校にいこう

ブログ「浪人生のための大学受験予備校 比較」のカテゴリ「001予備校にいこう」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリは002予備校の種類です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。